140万未満は司法書士の方がお得!

1社140万円以下の過払いであれば、
司法書士のほうがお得である可能性が高いと思います♪

ただここではちょっと注意点にも触れていきたいと思います。

何故司法書士の場合は140万円以下なの?

司法書士の場合、過払い金額によって引き受け制限があります。

司法書士であれば、過払い金額が1社140万円以下であれば引き受け可能・・・
ということは、みなさんもご存じかと思います。

これは即ち、簡易裁判に限られるということです。
それは簡易裁判で取り扱えるのは、140万円以下の裁判ということです。

そこで注意点があります

司法書士ではもし裁判で訴訟になった場合、代理人として出廷出来ないということです。

これは即ち・・・
ご自身で出廷する必要があるということなんです!!

そうなると結局は弁護士に頼むしかないのか・・・ということになりますよね。。


認定司法書士であれば簡易裁判の出廷が可能!

まさか自ら出廷しなければならないのか・・・そう思うと嫌ですよね、、
しかし!大丈夫です!!

実は司法書士の中でも、
認定司法書士であれば簡易裁判の出廷が可能です。

認定司法書士とは、法務大臣より認定を受けた認定司法書士のことです。

この場合ですと、認定司法書士があなたのかわり出廷することが可能となります。

ですから、1社140万円以下の過払い請求であれば、
司法書士でも認定司法書士の方に依頼する方が良いということになります。

この条件であれば、基本的には弁護士と変わらずに、
費用が安くなるので、認定司法書士の方が費用的にもお得です!


ちなみに・・・このサイトで紹介している司法書士は全て認定司法書士です♪



<<司法書士にするか弁護士にするか?  | トップページ |  で訴訟はできないの?>>