過払い金に時効はあるの?

たとえば5年前に借金を完済している人の場合、
過払い請求はできるのでしょうか?

もうずいぶん前に契約が終わっているわけですから、
なんだか難しそうな気がしますよね、、

しかし、5年前に借金が完済していて契約が終わっていたとしても、
遡って過払い請求をすることが可能です!

借金の完済から10年までは過払い請求が有効!

結論から言うと、借金の完済から10年までは過払い請求が有効となります。

もし30年間ずっと借金をしていて、最後の取引から10年以内であれば、
取引が始まったときの借金まで遡って過払い請求ができるというわけです。

そして、実は完済していても、
消費者金融業者のカードを保有していれば契約中とみなさされるため、
実質10年以上前に完済した契約にまで遡れる可能性もあります。

過払い請求はあまりの暴利をむさぼってきた悪質な業者を淘汰するためのウルトラCですから、
我々消費者にとっては優しい制度となっているんですね。


カウントダウンは完済してから!

上でも少し説明していますが、
時効までのカウントダウンは借金をすべて返済した
取引終了時からスタートします。

以前は「返済が始まってから」と「取引が終わってから」の
2説に分かれていました。

しかし、平成21年1月22日の最高裁の判決で
後者の「取引が終わってから」となりました。

ですので、もう完済してたとしても、
現在から10年までは遡って過払い請求できます。

それ以前は銀行に取引記録がないため、
自力で計算(引き直し計算)しないといけません。
※法律で銀行の取引記録は10年保管と定められています。

自力でといっても実際は弁護士または司法書士がしてくれます。

またご自分で過払い請求なさる方も、
事務所によっては引き直し計算だけしてくれるところもあります。


<<ブラックリストには載るの?  | トップページ |  家族や知人にはバレない?>>