過払い請求と任意整理は関係ある?

過払い請求をする時に、
一緒に耳にするのが任意整理ではないでしょうか?

実は過払い請求と任意整理は関係があります

では、任意整理とはなんのか?説明していきたいと思います!

簡単に説明すると、、、

任意整理、過払い請求、自己破産
これらは全て債務整理のうちの1つです。

それぞれの意味は、

任意整理:
借金の元金を減らす

過払い請求:
払い過ぎた利息を取り戻す

自己破産:
借金の支払を免除

です。
このうち任意整理と過払い請求について
以下見て行こうと思います。


任意整理とは?

任意整理とは、債務整理の一つです。
過払い請求も債務整理の一つで、自己破産等もこの債務整理に含まれます。

任意整理とは、借金・・・負債を自己破産しないと返済出来ない・・・
とまでではないものの、返済が苦しい、負担になっている場合に、
弁護士・司法書士に相談し、借金の再計算をすることです。

これは自己破産と違い、
決められた期間内(通常は3年)で借金を返済していく必要があります。

ただ、任意整理のポイントとしては、
今まで返済してきた負債分にかかっていた金利分と、
これから返済していく負債に対しての金利分を差し引いて再計算します。
そして、再計算されたお金(元本)を返済していきます。

これにより、返済はしていく必要がありますが、
今まで金利分も含めて返済していた時の返済額に比べ、
返済額が減ることが多いといわれています。


過払い請求と任意整理の関係について

任意整理は金利分を差し引いた分、元本のみの返済となりますので、
月々の返済は減る可能性があります。

ただ、長年借金を返済してきた人の場合、
グレーゾーン金利などで借り入れてきたのであれば、、
今まで返済してきた中で、実は支払う必要のない金利分支払っていることがあります。

そのため、実は既に金利分で借金を返済している時があるそうです。

また、借金を返済しているだけでなく、
払う必要のないお金を返済しきた可能性もあります。

この余分に支払っていた分、というのが・・・
過払い請求によって返還請求できる部分のお金ということになります!

ですから、過払い請求と任意整理は関係がある、ということなんです。


ちなみに、弁護士や司法書士に支払う減額報酬と呼ばれているものは、
この任意整理を行った時に関係してくる成功報酬です。


<<過払い請求は早くした方がいい!  | トップページ |  過払い金はなぜ発生するの?>>